FC2ブログ

「愛知 働くもののいのちと健康を守るセンター」は、

 愛知の働くものとその家族が、 労働組合に参加しているかいないかを問わず、 職場や地域、 同じ産業の仲間たちと力を合わせ自分たちのいのちと健康をまもり、人間らしい労働と人間らしく働くことができる職場をつくり出していくための組織です。

センターのあゆみ

       センターのあゆみ
 愛知働くものの健康センターは、1970年代からの職場の労働安全衛生に取り組んできた労働組合の活動家や、1988年に始められた愛知職場の健康問題研究会の活動などが土台になり、1991年7月に設立され、今日に至っています。
 現在、労働組合、勤労者組織、医療組織など70の団体と医師・医学者、弁護士などの専門家や過労死家族の会、一般会員が加入しています。
 毎年、一回総会を開いて活動の方針を検討し、4ヶ月に理事会で具体的な課題を検討しています。
<主な活動>
 ・ 職場の安全衛生活動の経験交流集会と職場見学ツアー
 ・ 労働安全衛生学校、いのちと健康大学
 ・ 過労死家族の労災補償実現の支援、職場の安全と衛生の活動
   相談、個人の仕事と健康相談
 ・ ニュース「いのちと健康」の発行
   隔月発行(12~16ページ)