FC2ブログ

「愛知 働くもののいのちと健康を守るセンター」は、

 愛知の働くものとその家族が、 労働組合に参加しているかいないかを問わず、 職場や地域、 同じ産業の仲間たちと力を合わせ自分たちのいのちと健康をまもり、人間らしい労働と人間らしく働くことができる職場をつくり出していくための組織です。

岐阜過労死をなくす会設立総会・記念行事

       行事予定
岐阜過労死をなくす設立総会が、2019年3月16日(土)午後2時30分から(午後2時受付)、ハートフルスクエアーG大研修室(JR岐阜駅東高架下)で開催されます。

第1部設立総会
  「会規約」、役員の確認、 正会員・サポーター会員の募集

第2部記念行事
 基調報告 弁護士  岩井羊一氏(過労死弁護団全国連絡会幹事)
 記念講演 小倉謙氏 演題[過労→死に至らないために知っておきたいこと]
 参加費無料 (定員100名 事前申し込み不要)
 
※問い合わせ先「岐阜過労死をなくす会」準備会事務局
                 携帯電話 080-4940-1685

新年おめでとうございます

       未分類
0-46.jpg0-77.jpg
2019年、明けましておめでとうございます。
昨年は、当センターにご支援、ご協力をいただきありがとうございました。
本年もご支援賜りますようお願い申し上げます。
  2019年 元日
      愛知 働くもののいのちと健康を守るセンター 事務局一同

2019年1月、2月、3月

       行事予定
1月7日(月) 10:00 愛知健康センター事務局会議愛
1月9日(水) 東京 全国センター理事会
1月10日(木)18:00 自由法曹団、国民救援会、争議団新春の集い
1月10日(木) 18:30 愛知健康センター理事会労働会館本館
1月13日(日) 10:30 ホームに可動柵を!街頭宣伝金山総合駅
1月16日(金) 10:00 中部電力新入社員労災認定裁判 地裁1103号法廷
1月16日(水) 愛知県知事選挙告示
1月17日(木) 18:30 労働法制改悪反対実行委員会名古屋法律事務所
1月21日(月) 10:00 愛知健康センター事務局会議
1月21日(月) 13:30 トヨタ社員労災認定裁判 地裁1103号法廷
1月26~27日 コミュニティーユニオン東海ネット交流会議(合宿)
1月28日(月) 18:00 過労死判例研究会
1月29日(火) 10:30 ティーエヌ製作所・岩永裁判
2月2日(土) 東京  全国センター結成20周年記念集会日
2月3日(日) 13:30 愛知県知事選挙投票
2月3日(日) 東京  地方センター交流集会
2月4日(月) 10:00  愛知健康センター事務局会議
2月5日(火) 13:30 寺井土木・関岡労災認定裁判弁護団会議
2月8日(金) 13:30 寺井土木・関岡労災認定裁判(控訴審 進行協議)
2月10日(日) 13:30 名古屋過労死を考える家族の会総会
2月18日(月) 10:00 愛知健康センター事務局会議
2月22日(金)11:00  やまぜんホームズ大迫労災認定裁判 201号
2月22日(金) 13:30 ハヤト裁判(判決)
2月25日(月) 13:30 市バス運転士山田さん損害賠償請求裁判
2月28日(木) 13:30 十六銀行員労災認定裁
3月4日(月)10:00 愛知健康センター事務局会議
3月6日(土)09:00 高蔵高校公開選択講座 
3月9日(土)10:00 STOP!水道の民営化(主催;名古屋東部革新の会)
3月9日(土)15:00 ユニオンと連帯する市民の会総会
3月10日(日)10:30 ホームに可動柵を!街頭宣伝 金山総合駅
3月10日(日)14:00 厚生省委託事業 働き方改革・労働契約法学習会
             「安心」して「働く」ためのルール  IMIホール6階第3会議室
3月11日(月)10:00 中部電力新入社員労災認定裁判 名古屋地裁1103号法廷 口頭弁論
3月16日(土) 13:30 岐阜過労死をなくす会結成集会 ハートフルスクエアG大会議室(JR岐阜駅東)
3月17日(日)15:00 働き方関連法案と医師の働き方 (中原のり子氏講演、保険医協会主催)
                                  名古屋スクエアビル9階
3月18日(月)10:00 愛知健康センター事務局会議
3月19日(火)18:30 栄総行動実行委員会
3月23日(土)13:30 お知恵拝相談会 愛知健康センター事務所
3月26日(火)13:15 ティーエヌ製作所・岩永労災認定裁判 名古屋地裁201号法廷 弁論準備
3月26日(火)18:30 栄総行動実行委員会
3月27日(水)10:00 トヨタ社員労災認定裁判  名古屋地裁1103号法廷

2019年 1月 2月 3月 裁判日程

       裁判・係争関係

裁判の進行状況と裁判日程をお知らせします
公正で道理ある判決を求めます。多くの市民が注目しています。
あなたも署名にご協力ください。また傍聴に参加してください。

1月16日(水)10時00分 中部電力新入社員労災認定裁判 口頭弁論 地裁1103号
1月21日(月)13時30分 トヨタ社員労災認定裁判 口頭弁論 地裁1103号
1月29日(火)10時30分 ティーエヌ製作所岩永労災認定裁判 弁論準備 地裁201号
2月 8日(金)15時50分  寺井土木関岡労災認定裁判 進行協議 高裁10F
2月22日(金)11時00分 やまぜんホームズ大迫労災認定裁判 201号
2月25日(月)13時30分 市バス運転士山田損害賠償請求裁判 口頭弁論 地裁1103号
2月28日(木)13時30分 十六銀行パワハラ労災認定裁判 弁論準備 地裁201号


「222人がつどう」愛知過労死防止対策推進シンポジウム

       最近の情報
 厚生労働省主催「過労死防止対策推進シンポジウム」が11月20日、名古屋国際センター別棟ホールで開催されました。平日の昼間の開催となり、過労死家族や労働組合以外にも企業の人事・労務担当の方も多く、222人が参加しました。
 主催者の厚労省愛知労働局のあいさつの後、シンポの運営にかかわった「名古屋過労死を考える家族の会」代表の内野博子さんのあいさつがあり、自らの夫の過労死を取り上げ、過労死防止法に至る経過を報告しながら、これと真逆の働き方改革関連法に危惧を持っていると訴えられました。
 シンポジウムでは愛知健康センター理事長猿田正機さんがスエーデンの働き方の現状を報告、大和ハウスの人事部長能村守孝さんは労基署の指導を受けながら、自らの働くルールつくりに取り組んできた経過を報告されました。田巻弁護士の司会により、参加者の質問を受けながらシンポが進行しました。
 過労死遺族からの報告は吉田典子さんが自らの大切な息子が入社7か月で自死したことに触れながら、、親の心情を切々と訴えました。なぜ息子は死ななければならなかったのか、会社に問いかけ、裁判を行っています。最後に過労死弁護団の岩井羊一弁護士の閉会のあいさつで終わりました。

加野青果パワハラ自死事件逆最高裁で勝利確定

       最近の情報
昨年11月、名古屋高等裁判所で原告勝訴の逆転判決が出されました。
不当にも被告は上告して1年余も経過しました。
2018年11月、最高裁は上告不受理を通知し、高裁判決が確定しました。
ご遺族はつらかった裁判の日々を振り返りながら、「パワハラは見えないナイフで人の心をずたずたに傷つける行為」と厳しく批判し、自らもパワハラをなくすために助力したいと決意を述べられました。